x

残響のテロル

残響のテロル ストーリー

青森の核燃料再処理施設にて政府が密かに開発していたあるものが、謎の2人組によって強奪された。それから半年後。夏休みを間近に控えたとある高校に、九重新と久見冬二が転入してくる。その高校に通う女子高生・三島リサは2人に興味を持ち、2人も彼女を気にかけていた。その頃、警視庁文書課勤務の刑事・柴崎健次郎は動画投稿サイトにアップされた奇妙な映像を目にする。そこに映る"スピンクス"を名乗る2人は告げる。「新宿は午後3時から闇に包まれ、所によりでっかい火花が上がるでしょう…」。翌日、九重たちの高校が見学していた都庁が爆弾テロに襲われる。それは、九重と久見の犯行によるものだった。
(「残響のテロル」Wikipediaより)


残響のテロル データ

放送期間

2014年7月~9月

話数

全11話

ジャンル

サスペンス アクション

制作会社

MAPPA

残響のテロル OP

Trigger

残響のテロル ED

誰か、海を。

残響のテロル スタッフ・キャスト

「カウボーイビバップ」「坂道のアポロン」を手掛けた渡辺信一郎監督によるクライムサスペンス。ある夏の日、突如東京で発生した大規模爆弾テロ事件。犯人はスピンクス1号・2号を名乗るふたりの若者だった。深刻な社会問題を背景に、日本中を巻き込んだ壮大なゲームが始まる。
監督:渡辺信一郎
原案:渡辺信一郎
音楽:菅野よう子
メインキャスト
ナイン (九重新):石川界人
ツエルブ (久見冬二):斉藤壮馬
三島リサ:種﨑敦美
柴崎:咲野俊介
ハイヴ:潘めぐみ
製作年:2014年
シリーズ:残響のテロル
ジャンル:サスペンス アクション その他
アニメーション制作:MAPPA

このページは残響のテロル アニメ動画を紹介しています。
Zankyou no Terror Episodes Online

残響のテロル レビュー・感想
100点
今まで見たアニメで一番面白かったです。本当に深くて感動できるアニメでした。(好き嫌いはあると思いますが)
1点
自国にEMP攻撃するただの犯罪テロアニメ
どっかの過激派テロ集団と同レベルの天才が主人公
大量殺人者に同情したり共感出来る神経ないと見ても時間の無駄
70点
リアル感をだしたければ、もう少しストーリーを緻密で現実的につくるべきだったかな、という気がします。が、面白くないわけではありません。11話までしかないので、見てみるのもいいかもしれません。
10点
つまんない
53点
「ありえない」設定は別にどうでもいいとして、演出がところどころ雑に感じ、そのたびに面白い・すごい・感動等々思ってたところが、急に感情が冷めたりしました。とくに飛行機のところでのチェスがひどいと感じました。話全体としては、よかったと思います。
100点
すごく面白かった
金がなかったのかな?
もっと長編にしてほしかった
35点
結果的に描き方が中途半端になってしまった。
それが残念
2クールあればあるいは、化けたかもしれない。
音楽だけなら95点かな。
100点
”細かい部分への酷評が多い”ということは
”それだけこのアニメがリアルである”と言うことに繋がる。

なので酷評され低点数をつけられればつけられるほどこのアニメの評価は高くなる。
50点
音楽は好きでした。心に残るようで残らないキャラクター&ストーリーの数々、残響にもならず。設定は面白かったから2クールならもう少し良い表現ができたかも?全体的な評価はこんなもんかな?
100点
改めて見るとやはり深い底のようなものを感じます。私は専門家じゃないので細かいことは分かりませんけどストーリー的にはすごく好きだし「ありえない」設定で妙に私たちの身近にある世界観だからこそ面白くリアリティも含まれてくるんじゃないでしょうか?
100点
面白かったです!最後に色々分かってスッキリしましたし感動しました!良く出来ていると思いました!
100点
このアニメはすごく面白いこのアニメで伝えたかったことわかった気がした。

後最後に殺してるなどFBIがどうなどゆう前にこれはアニメだとゆう事お忘れなきよう
100点
スゴく、、、おもしろいです。
100点
毎回楽しんで見れました!

最後は少し切ないけど、心に 「残る」 作品でした。
作画と音楽が印象的です。
キャラも好みでしたし、またいつか見たいな、、、と思います。

75点
とにかく音楽が良かった。
100点
普通にけっこうおもしろかったです。
1点
よく頭のおかしいライターやクリエイター気取りの知恵遅れが
「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが
大抵それは「先人が思いついたけどあえてやら なかった」ことだ。
100点
観出したら一気に引き込まれてつい一気観しちゃいました
(笑)
なにか大作映画を一本観終えたような充実感です。
自分的には素晴らしい作品だったと思います。
1点
爆弾技術や知識を語らせて天才風なキャラは作れても、頭の回転のいい天才が描けてないから面白く無い
慢心やらドジって失敗する丁々発止の何が楽しいのから……
知恵比べ魅せてくださいよ

まぁこの監督では無理
90
矛盾している箇所もあり残念に感じた人も多いと思うけど、
そこばかりにとらわれすぎじゃない?
話全体を通して素晴らしい作品だったと思います。
1点
テロ起こしても人死に出さない(キリッ
最後の核爆発による全国規模の長期間にわたる停電と電子機器故障で恐らく
数万人規模の人間がナイン達のテロのせいで死んだよね
この矛盾はどう説明すんのよ...
100点
↓確かにそうだけど、物語としてそれじゃつまんないと思う。
ちゃんと2個下の感想を読めば理解できますよ。
1点
主人公たちが天才チートなスーパーハカー()だから
そんな回りくどいことしなくても、極秘資料手に入れて世間にバラせるだろ
って思ってしまうんだよな
空っぽでなんちゃってオサレしか出来ない渡辺信一郎w
100点
まずはストーリーとして重要な主人公側、ナイン達の目的はアテネ計画の告発だったわけだが、これは最後に柴崎達のおかげで公になりナイン達の目的は見事に達せられた。だけど、それがこの作品の全てなのかと言うと何かあっけなく違和感を感じないか?
ナインは柴崎に最後なんて言った?「俺達を覚えていてくれ、俺達が生きていた事を。」と言ったんだ。
これは本来目的であった告発とは全く関係がない、告発だけが目的ならば最後のセリフは「あんたに任せた」で終わってもおかしくない、なのにナインは最後にこう言った。
このセリフには今まで語られてこなかったナイン達自身の心理「生きる意味」というテーマが隠されているように見える。
ナイン達、施設の子供達は家族、自由、名前がない。しかもナイン達の命は常人よりもずっと限られている、だからこそナイン達にとって「生きる意味」というのは重要なテーマになっている。
ハイヴはナインに対し最後に「あんたのおかげでここまで生きられた」と言う。これはハイヴにとっての生きる意味が「ナインに勝つこと」だったから。ナインへの執着だけがハイヴを動かし続けていた。
ツエルブにとっての生きる意味は「誰かに必要とされること」、その相手はもちろんリサだ。ツエルブはリサに「俺たちはずっと親を知らないで育ってきたんだ。あそこを脱走してからもずっと2人きりで生きてきた。あいつも俺も、誰かに必要とされた事なんて無かったんだ。だから、ありがとう、リサ。君に逢えて良かった」と言っている。これはツエルブにとって自分に生きる意味を与えてくれたリサへの感謝。だからこそツエルブにとって告発よりも自分を必要としてくれるリサに命を賭けた。リサの方もツエルブを必要していたことからこれがお互いの救いになった。
そして最後の一人ナインにとっての「生きる意味」とは、多分だが生きていた証を残す事。自分達の存在が消えてしまう事に対する、儚い願い。ナインが柴崎に言ったセリフが俺達になっていたことが証拠。ここで初めてナインの行動原理が見えてくる。ナインが告発にこだわった理由はただ単にそれが社会的正義だということからではない。ナイン達施設の子達にとって「アテネ計画の存在」だけが彼等の生きた証になりえるから。だからこそナインが施設の跡地へ帰った時、ハイヴの墓も立てていた。これが生きた証になるからだ。
そして最後にその意味が分かった「VON(希望)」という言葉。
ハイヴにとってはナインが希望。ツエルブにとっては自分を必要としてくれたリサが希望。ナインにとっての希望は誰もが生きた証を残せる事。最後のリサと柴崎の墓参りのシーンは彼等の求めた希望と合致する。
ここまで案の定長くなってしまったが、つまりこの「残響のテロル」という作品に隠されたテーマは「愛されることの無いこと」「人知れず死んでいくこと」といった人間の普遍的な寂しさに対する希望を描いている。必ずしもこれらのテーマが分かり易い話だったとは言えないが、最終回を見てがっかりした人達はもう一度この作品についてじっくり考えてからその答えを出してほしい。

ちなみにOPで飛んでいた3羽の鳥はナイン、ツエルブ、ハイヴだ。
そして残響のテロルというタイトルロゴは「残」と「ル」が赤く描かれている、
この二つを合わせると「残る」になる。



(天狐ちゃんねる から)
100点
↓あくまでもフィクションなんだからありえないとかいってもねぇ・・・
5点
「FBI」はアメリカの国内警察です、日本に来て爆撃とかありえません
それっぽい言葉を並べてるだけで話が余りに稚拙過ぎて驚きました
作画と演出が全てです
それでもつまらない
100点
観終えてとても心に残る作品。
個人:=:社会:=:政治のような放棄的で都合による約束事情や個の想いをせきららに描いたような、フィクションのようでどこかノンフィクションめいた物を感じます。
あっという間の11話、すごく翻弄されてしまいました^^
100点
これは面白い
非公開コメント

AD
タイトル別検索
スポンサードリンク
人気アニメランキング
PR
放送中のアニメ一覧
日曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
その他
終了分
ジャンル別検索
年代別検索
アニメ制作会社
インフォメーション

以下のランキングに参加してます。1日1票ずつポチッと応援して頂けると励みになります。(*_ _)

おすすめリンク
AD
最新レビュー・感想

いつも訪問して頂き、ありがとうございます。視聴後に簡単な感想を書いて頂けると嬉しいです。(´∀`)

PR
週間人気アニメ
スポンサードリンク
おすすめアニメ
タグクラウド
相互リンク
相互リンク募集中!
免責事項

当サイトはYouTube等各動画共有サイトへのURLをまとめているWEBサイトです。動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。動画・画像・音声等の権利は、動画の著作者・団体に帰属しております。動画の著作権に関するご質問・削除依頼につきましては各動画共有サイトへお願いいたします。
尚、当サイトご利用により生じたいかなる損害に対しても、当サイト管理人は一切責任を負わないものとします。個人の自己責任でご利用下さいますようお願いいたします。