x

銀魂゜(3期)

銀魂゜ストーリー

江戸時代末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人の侵略を受けた江戸幕府は、その圧倒的な戦力を前に恐れをなし開国。天人による統治を受け入れた。国のため、主のため、己が信念のために最後まで戦い続けた攘夷志士達は弾圧の対象に、その他の侍達も"廃刀令"により刀を失い、戦う意志と気力を失った。
それから20年後の江戸の町。今この土地には天人達が往来し、かつての面影も薄れつつあった。江戸の中央にはターミナルが立てられ、天人たちが次々とやってくる。そんな時代の中で、剣術道場の跡取りの志村新八は一人の銀髪の侍に出会う。その名も坂田銀時。侍の魂を学ぶために彼の営業する「万事屋銀ちゃん」で働くことになった新八は、万事屋で紅一点の神楽と共に依頼をこなす日々を送っている。
(「銀魂」Wikipediaより)


劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ

劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ ストーリー

"ある力"により、自分がいない未来の世界に飛ばされてしまった銀時は荒廃した江戸の町並みを目の当たりにする。荒れ果てた地球に残されたのは貧しい人々、この混乱に乗じて政府転覆を狙う攘夷志士、無法の限りを尽くすゴロツキども、そして、尻をまくって逃げ出すのが性に合わない頑固者だけ。さまよう銀時は、ふたりの若者に出会う。洞爺湖の文字が刻まれた木刀でゴロツキをなぎ倒すメガネの青年と、銀時の着流し模様をあしらったチャイナ服をまとい、巨大な犬を引き連れた美女。それは、成長した新八と神楽の姿だった。やがて銀時は、次々と変わり果てた未来の姿と、衝撃の事実に直面することになる。
(「銀魂」Wikipediaより)


銀魂’ (2期)

銀魂’ 動画ストーリー

江戸時代末期、江戸の町を襲来したのは黒船ではなく宇宙船だった。宇宙からやってきた最強の侵略者・天人(あまんと)を前になす術のない幕府。だが、そんな国を憂い、圧倒的な劣勢のなかでなお臆することなく戦い続ける志士たちがいた。数年に及ぶ死闘の末、彼らは友を失い、師を失い、戦い敗れて国を失った。
それから20年後の江戸のかぶき町。このかぶき町にて万事屋を営む男がいた。銀髪で天然パーマ、目は無気力かつ鋭気のない死んだ魚のような藍色の目、服装は白い着物と黒いズボン、廃刀令があるにも関わらず腰に木刀をさしている。その男の名は坂田銀時。かつて攘夷戦争で敵おろか味方からすら恐れられた武神「白夜叉」と呼ばれていた侍である。
(「銀魂」Wikipediaより)


劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 ストーリー

圧倒的な文明を誇る異星人「天人(あまんと)」に牛耳られてしまった江戸の町。助手の志村新八、神楽と共に万事屋を営む坂田銀時のもとに、刀鍛冶の兄妹から仕事の依頼が舞い込む。彼らの父親が鍛え上げた稀代の名刀"紅桜"が何者かに盗まれたので、取り返してほしいというのだ。時を同じくして新八と神楽の2人は、別件の依頼で行方不明になった桂を探すべく奔走していた。近頃、江戸の町を騒がせている"辻斬り"と桂の失踪に、何らかの接点があるのではないかと睨んだのだ。一方の銀時も、噂の辻斬りがまるで生き物のようにうごめく不気味な刀を手にしていたという情報を聞きつけ、彼を捜し始める。
(「銀魂」Wikipediaより)


銀魂

銀魂 ストーリー

江戸時代末期、突如地球に「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人が来襲した。まもなく地球人と天人との十数年間に及ぶ戦いが勃発。多くの侍、攘夷派志士が戦いに参加するも、弱体化していた幕府は天人の侵略をあっさりと受け入れ、天人による傀儡政権に。侍たちは廃刀令により刀を失い、天人がはびこる世の中となった。
天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りで若輩ながら古風な侍気質を持つ志村新八は、剣術を生かす道もなく、意に沿わないアルバイトで生計を立てていた。そんな新八の前にある日、一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂を持った銀髪の男、その名も坂田銀時。その男気に惹かれた志村新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋で働くことになる。
(「銀魂」Wikipediaより)


AD
タイトル別検索
スポンサードリンク
人気アニメランキング
PR
放送中のアニメ一覧
日曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
その他
終了分
ジャンル別検索
年代別検索
アニメ制作会社
インフォメーション

以下のランキングに参加してます。1日1票ずつポチッと応援して頂けると励みになります。(*_ _)

おすすめリンク
AD
最新レビュー・感想

いつも訪問して頂き、ありがとうございます。視聴後に簡単な感想を書いて頂けると嬉しいです。(´∀`)

PR
週間人気アニメ
スポンサードリンク
おすすめアニメ
タグクラウド
相互リンク
相互リンク募集中!
免責事項

当サイトはYouTube等各動画共有サイトへのURLをまとめているWEBサイトです。動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。動画・画像・音声等の権利は、動画の著作者・団体に帰属しております。動画の著作権に関するご質問・削除依頼につきましては各動画共有サイトへお願いいたします。
尚、当サイトご利用により生じたいかなる損害に対しても、当サイト管理人は一切責任を負わないものとします。個人の自己責任でご利用下さいますようお願いいたします。