x

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven ストーリー

「笑い男事件」が解決して半年が経過した2030年。中国大使館で「個別の11人」を名乗るテロリストグループによる人質立て籠もり事件が勃発。特定のリーダーを持たない彼らは、アジア難民受け入れの即時撤廃と、出島など国内に計5箇所ある招慰難民居住区の完全閉鎖を求め、承諾しなければ人質を殺すとの声明を発表する。新内閣の女性首相・茅葺との交渉の末、公安9課再建を引き出した荒巻は、素子たちに大使館への突入を命ずる。だが、与えられた時間はわずか15分。はたして9課は人質に犠牲者を出すことなく事態を収拾できるのか?
(「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」Wikipediaより)


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man ストーリー

2024年に発生したセラノ・ゲノミクス社社長アーネスト・瀬良野の誘拐に端を発する、マイクロマシンメーカー6社が脅迫を受けたサイバーテロ事件、通称「笑い男事件」。この事件の犯人と目的も、犯行思想の差違、人種、性別、年齢はおろか、単独犯なのか複数犯なのかすら特定できないまま、"笑い男"はネットの闇に忽然と姿を消した。
それから6年の月日が流れたある日、公安9課トグサの元に「笑い男事件」を追っていた特捜部の山口から連絡が入る。だがその直後、山口は自動車事故で死亡してしまう。数日後、インターセプター不正疑惑に関する警察の会見中継中に"笑い男"からの犯行予告が入る。再び姿なきハッカー"笑い男"が動き出す。
(「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」Wikipediaより)


イノセンス INNOCENCE/攻殻機動隊

イノセンス INNOCENCE/攻殻機動隊 ストーリー

電脳化支配が進んだ2032年の日本。続発するテロ犯罪を取り締まる政府直属の機関・公安9課のバトーは、体の全てが造り物のサイボーグ刑事。残されているのはわずかな脳と、素子というひとりの女性の記憶だけ。ある日、少女型のアンドロイドが原因不明の暴走を起こし、所有者を惨殺するという怪事件が発生する。被害者とメーカーの間で、示談が不審なほど速やかに成立し、被害者の中に政治家や元公安関係者がいたことから公安9課で捜査を担当することになり、早速バトーは相棒のトグサと捜査に乗り出す。「人間のために作られたはずのロボットがなぜ、人間を襲ったのか」。電脳ネットワークを駆使して自分の脳を攻撃する謎のハッカーの妨害に苦しみながら、バトーは事件の真相に近づいていく。
(「イノセンス」Wikipediaより)


GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 ストーリー

西暦2029年。超高度情報化社会の中で、凶悪化の一途を辿るコンピュータ犯罪に対応するため、政府は非公認の超法規特殊部隊・公安9課、通称「攻殻機動隊」を誕生させた。ある日、某国情報筋から公安9課に警告が発せられる。不特定多数の人間の電脳にゴーストハックして自在に操る、国際手配中のテロリスト「人形使い」が日本に現わるという。9課のメンバーは追跡を開始、犯人逮捕に向かうが、犯人らしいその男も人形使いに操られた抜け殻に過ぎなかった。そんな中、義体メーカー"メガテク・ボディ社"の製造ラインが自動的に一体の義体を製造、その義体が逃走するという事件が発生。すぐさま9課が捕獲し調査すると、生身の脳が入っていないはずの義体の補助電脳にはゴーストのようなものが宿っていた。
(「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」Wikipediaより)


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society 動画ストーリー

「個別の11人事件」後、草薙素子が公安9課を去ってからすでに2年。そんな素子の消息も知れないまま、荒巻やバトーら現在も9課に残る面々は課員を大幅に増やし、新体制の元で犯罪の抑止にあたっていた。そんな中、シアク共和国特殊工作員の謎の連続自殺事件が発生。新浜国際空港では、9課の目の前で1人の工作員が「傀儡廻が来る!」と謎の言葉を残して自殺する。捜査が進むにつれ、一連の事件を背後で操っている存在が「傀儡廻」と呼ばれる超ウィザード級ハッカーであることが判明する。一方、9課とは別に素子も独自の思惑から事件と向き合っていた。やがてバトーはそんな彼女と再会するが…。
(「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」Wikipediaより)


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG ストーリー

大規模な核戦争及び第四次非核大戦を経て荒廃した2030年。世界は「地球統一ブロック」となり、 脳の神経ネットにデバイスを直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加したサイボーグ技術が発達していた。 その中で設立された内務省直属の攻性公安警察組織・公安9課、通称「攻殻機動隊」。主な任務は要人警護、汚職摘発、無差別殺人・電脳及び特殊犯罪等の抑止、捜査、検挙。また、電脳戦・情報戦を得意としテロリストの暗殺、殲滅する行動もとる。
「笑い男事件」ののち、無期限待機命令が下されている公安9課。だが、「個別の11人」と名乗るテロ組織による人質立て籠もり事件に対処するため、9課が時間限定で復活する。
(「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」Wikipediaより)


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ストーリー

西暦2030年、情報ネットワーク化が加速度的に進み、犯罪は複雑化の一途をたどっている時代。社会的混乱を未然に防ぎ、事前に犯罪の芽を除去する攻性の組織が設立された。内務省直属の独立部隊・公安9課、通称「攻殻機動隊」である。公安9課の役割は、無差別殺人電脳及び特殊犯罪等の抑止、要人援護、汚職摘発、凶悪殺人の捜査から極秘裏の暗殺まで、多岐に渡っている。彼らは情報戦・電脳戦を最も得意としつつ、高性能義体を生かした物理的な戦闘においても優れた能力を発揮する少数精鋭のスペシャリストで構成される。完全義体のサイボーグ・草薙素子を中心に、9課のメンバーはネットの闇に潜む犯罪に敢然と立ち向かっていく。
(「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」Wikipediaより)


AD
タイトル別検索
スポンサードリンク
人気アニメランキング
PR
放送中のアニメ一覧
日曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
その他
終了分
ジャンル別検索
年代別検索
アニメ制作会社
インフォメーション

以下のランキングに参加してます。1日1票ずつポチッと応援して頂けると励みになります。(*_ _)

おすすめリンク
AD
最新レビュー・感想

いつも訪問して頂き、ありがとうございます。視聴後に簡単な感想を書いて頂けると嬉しいです。(´∀`)

PR
週間人気アニメ
スポンサードリンク
おすすめアニメ
タグクラウド
相互リンク
相互リンク募集中!
免責事項

当サイトはYouTube等各動画共有サイトへのURLをまとめているWEBサイトです。動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。動画・画像・音声等の権利は、動画の著作者・団体に帰属しております。動画の著作権に関するご質問・削除依頼につきましては各動画共有サイトへお願いいたします。
尚、当サイトご利用により生じたいかなる損害に対しても、当サイト管理人は一切責任を負わないものとします。個人の自己責任でご利用下さいますようお願いいたします。