x

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 ストーリー

アメストリスの首都・セントラルシティにある中央刑務所。刑期終了を間近に控えたひとりの囚人が、この刑務所から脱獄を果たした。その男、メルビン・ボイジャーの使いこなす未知の錬成陣に興味を惹かれた兄エドワードと弟アルフォンスのエルリック兄弟は、男の跡を追ってアメストリスと西の大国・クレタとの国境を目指すことになる。彼らが辿りついた先は、巨大な崖に周囲を覆われた街・テーブルシティ。かつて「ミロス」と呼ばれていたこの異形の地で、2人はジュリア・クライトンという少女に出会う。そして彼女の言葉に導かれ、エドたちはこの地でかつて起こった惨劇、ミロスの民の過酷な歴史を知らされるのだった…。
(「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」Wikipediaより)


鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 ストーリー

平行するふたつの世界に引き離されてしまったエルリック兄弟は、それぞれ再会を願って元に戻る手段を探し求めていた。西暦1923年、動乱のドイツ・ミュンヘンに飛ばされてしまった兄エドワードは、弟と似た面影をもつアルフォンス・ハイデリヒの力を借り、ロケット技術によって故郷への帰還を目指していが、そんな矢先、彼らの前に伝説の理想郷"シャンバラ"を求めて暗躍するオカルト秘密結社が出現する。一方、アメストリスで13歳に成長した弟アルフォンスは兄の行方を追って旅を続けていた。アルはエドとともに旅した4年間の記憶を失くしていたのだった。
ひたむきな兄弟の願い、2人の掌が打ち鳴らされるとき、新たなる真実が錬成される!
(「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」Wikipediaより)


鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST ストーリー

科学の代わりに錬金術が発達した世界。錬金術とは等価交換の原則のもと、物質の構成元素・特性を理解し、物質を分解、そして再構築するという3つの段階を経て完了する。この錬金術において最大の禁忌とされる「人体錬成」。病死してしまった母を生き返らせようと禁忌を犯し、全てを失った幼き兄弟。"機械鎧(オートメイル)"を装着し、「鋼の錬金術師」の称号を持つ兄、エドワード・エルリック。兄の術式によって鋼鉄の鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリック。2人は失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。兄弟は「賢者の石」の真実に近づくにつれ、大きな陰謀の渦中へと突き進んでいく。
(「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」Wikipediaより)


鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 動画ストーリー

幼い頃から卓越した錬金術の才能を持っていた兄エドワードと弟アルフォンスのエルリック兄弟。彼らは流行病で喪った母親にもう一度会いたいという想いから、錬金術で最大の禁忌とされる「人体錬成」を試みる。だが結果は失敗。錬成の代償としてエドワードは左足を、アルフォンスは全身を失ってしまう。エドワードはとっさの判断で、自らのの右腕を代償にアルフォンスの魂をその場にあった鎧に定着させ、なんとか一命を取り留める。その後エドワードは失った右腕と左足に"機械鎧(オートメイル)"を装着し、仮の手足を手に入れる。身体を失うという絶望の中、兄弟は元の身体に戻るため、絶大な力を持つという「賢者の石」を探す旅に出る。しかし、旅先では数々の試練が2人を待っていた。
(「鋼の錬金術師」Wikipediaより)


AD
タイトル別検索
スポンサードリンク
人気アニメランキング
PR
放送中のアニメ一覧
日曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
その他
終了分
ジャンル別検索
年代別検索
アニメ制作会社
インフォメーション

以下のランキングに参加してます。1日1票ずつポチッと応援して頂けると励みになります。(*_ _)

おすすめリンク
AD
最新レビュー・感想

いつも訪問して頂き、ありがとうございます。視聴後に簡単な感想を書いて頂けると嬉しいです。(´∀`)

PR
週間人気アニメ
スポンサードリンク
おすすめアニメ
タグクラウド
相互リンク
相互リンク募集中!
免責事項

当サイトはYouTube等各動画共有サイトへのURLをまとめているWEBサイトです。動画のアップロード、またはそれを推奨・援助する行為は一切行っておりません。動画・画像・音声等の権利は、動画の著作者・団体に帰属しております。動画の著作権に関するご質問・削除依頼につきましては各動画共有サイトへお願いいたします。
尚、当サイトご利用により生じたいかなる損害に対しても、当サイト管理人は一切責任を負わないものとします。個人の自己責任でご利用下さいますようお願いいたします。